Ruby構築事例)JRシステム「勤務シフト作成お助けマン」公式サイト

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社トランスネット(本社所在地:東京都千代田区 代表取締役社長 谷野 春雄、以下トランスネット)はJRシステムの「勤務シフト作成お助けマン」公式サイトをRuby on RailsベースのCMSを活用し3か月で構築したことを発表しました。

◆Ruby on RailsベースCMSによるサイトリニューアルコンセプト
誰でも簡単にマニュアルいらずで操作可能なサイト更新システム(CMS)を構築し、サイト運用負荷を軽減しました。今後の拡張性を考慮しRuby on Railsベースで開発をしております。

◆採用効果:
・要件がなかなか決まらない中、Ruby on Railsを活用したアジャイル開発を採用することで、短期間で構築できた。
・UXにこだわることで、誰でも直感的に操作できるサイトができた。

◆お客様の声
鉄道情報システム株式会社 営業推進本部 第二営業企画部 営業開発課 主任 沼生久司 様より「トランスネットに開発支援をいただきながら開発した「勤務シフト作成お助けマン」は当社の重点サービスの1つです。当サービスは、複雑で作成に手間のかかる勤務予定表を、短時間で自動作成できるクラウドサービスです。勤務計画にかかる時聞を短縮して負担を軽減できることがお客様から評価されています。今後、販売パートナーによる販売を強化し、全国規模での販売拡大を展開すべく、サービス紹介専用サイトを立ち上げることといたしました。
そこで、創業当時から協力関係が深く、技術面でも実績面でも信頼が高いトランスネットに依頼し、Webサイトの開発を依頼しました。」とのコメントを頂きました。

◆「勤務シフト作成お助けマン」とは
スタッフの希望を考慮し、各種勤務条件を反映し、実際に現場で使える「勤務予定表」を短時間で自動作成できるクラウドサービスです。 詳細は以下のページをご覧ください。
http://www.otasukeman.jp/

◆詳細

本事例の詳細は以下よりダウンロードできる事例集をご覧ください。
https://www.transnet.ne.jp/success/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]