2014年日本国内Ruby求人数は前年比143%増加

2014年日本国内Ruby求人数は前年比143%増加
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社が参加するRails技術者認定試験運営委員会(委員長 吉政忠志)は2014年日本国内Ruby求人数は前年比143%増加したことをお知らせします。

米国のIndeed社の2014年5月求人情報の集計によると、2005年を起点にした全米の Rails案件成長率は1800%であり、Javaが成長率が-30%であったのに対して、大きく市場規模が成長したことを表しています。実案件数でも Railsの案件数を1とした場合、Javaの案件数が4.6となり、1年前の調査と比べて2ポイント近く縮めています。

また、2014年の日本国内Ruby求人数は4136件になり、前年比143%増加しました。

詳細は以下をご覧ください。
http://www.railscp.org/rails.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]