Rails技術者認定試験のエントリー資格である「Rails4ブロンズ試験」を発表

よろしければこちらもご覧ください

Rails技術者認定試験運営委員会(事務局所在地:東京都世田谷区、委員長 吉政忠志 以下Rails技術者認定試験運営委員会)は本日、新試験「Rails4技術者認定ブロンズ試験」を発表しました。なお、ベータ試験は4月25日より合計4回実施します。本試験は今年の秋より全国160か所のオデッセイ コミュニケーションズCBTテストセンターにて実施することを発表いたしました。株式会社アジャイルウェア(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO 川端光義)に本試験問題作成協力を得ることになりました。

■Rails 4 技術者認定ブロンズ試験概要
名称  Rails 4 技術者認定ブロンズ試験
目的 Ruby on Railsの専門知識の習得を評価できる本試験により、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ること
対応バージョン Rails 4.0
種別 ブロンズ試験:Ruby on Railsの基本知識を問う試験
受験料金 ブロンズ試験10,000円/回(税抜)

試験開始時期
 本試験 2015年秋
 ベータ1試験:2015年4月25日(土曜日)※受験料金無料、合格者は本認定扱い
  詳細とお申し込み:https://railsjob.doorkeeper.jp/events/19951

試験会場 本試験:全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場(CBT)
設問数 40問
試験時間 1時間
合格基準 7割正解
出題形式 選択式(単一または複数選択)

ブロンズ試験出題範囲
以下のページをご覧ください。
http://www.railscp.org/docs/2015031200013/

主教材と参考教材
以下のページをご覧ください。
http://www.railscp.org/docs/2015031200013/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]