Ruby on Railsトレーニングキャンペーン

Ruby on Railsトレーニングキャンペーン
よろしければこちらもご覧ください

東京 7/2、9/16開催のRuby on RailsによるWebアプリケーション開発(Rails技術者認定ブロンズ試験対応:NECマネジメントパートナー実施)を受講した方全員に図書カード3000円プレゼントします!

Ruby on Railsの求人数は昨年比142%増となりました。
そろそろRuby on Railsをきちんと学習したい人も多くなってきたのではないでしょうか?

興味がある方は是非ご覧ください。

コースの詳細とキャンペーンの申し込み方法は以下をご覧ください。
http://www.railscp.org/docs/2014061400028/

■コース概要
Ruby on Railsを用いたWebアプリケーションを開発するための知識をマシン実習を通して修得します。Ruby言語の基礎知識をお持ちの方が対象です。テキストにはRails技術者認定ブロンズ試験公式教科書を使用するため、資格取得を目指す方にもお勧めです。

■講師からのメッセージ
本コースでは、Ruby on Railsをこれから学ぼうとお考えの方に、題材となる「タスク管理アプリケーション」を作成しながらRuby on Railsの様々な機能を解説していきますので、基礎からステップバイステップで修得していただくことができます。また、本コースで使用するテキストは著名なRailsエキスパートが執筆を手がけたRails技術者認定試験運営委員会の公式教科書となっておりますので、内容もしっかりしており、Rails技術者認定ブロンズ試験の対策をお考えの方にとっても、試験範囲を広範にカバーできますので試験対策のための学習用コースとしてもおすすめです。Railsを少し学んだことのある方(Scaffoldで少しアプリを作ってみたことがあります、というような状態の方)でも、本コースで体系的にRailsの機能を改めて学んでいただくことで、「Railsには、自分の知らないこんな便利な機能もあったのか」と新しい発見をしていただくことができると思います。是非、本コースで一緒にRailsを学んでみませんか?

テキストは「Rails技術者認定ブロンズ試験 認定テキスト」を使用します。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]