インドオフショアを活用した一人月35万円からのスマートフォン向けアプリ開発サービス開始の発表

シンクパームによる、インドオフショアを活用した一人月35万円からのスマートフォン向けアプリ開発サービス開始の発表
よろしければこちらもご覧ください

インドで製品設計とソフトウェア開発事業を推進しているシンクパームテクノロジース(CEO マノージ、コンゴット(Manoj Kongot)、本社所在地 インド チェンナイ市)は日本でのスマートフォン向けアプリケーション開発サービスを開始します。

弊社は既に海外において、エンタープライズアプリケーションと連携したスマートフォンアプリケーションやデジタルサイネージアプリケーション、各国での関税をスマートフォン上で計算するアプリケーション、GPSと連動するスマートフォン向けアプリケーションを受託開発しています。本開発サービスの日本での提供を開始します。本サービスはインドオフショアを活用することで一人月35万円~(外税)で提供が可能です。また、オンサイトエンジニアによる開発サービスを提供していきます。

開発可能なスマートフォンのプラットフォームは以下の通りです。

◆対象スマートフォン及びデバイス
・Andoroid x.x、iOS x.x、Windows Mobile
・Samsung Galaxy series、Apple iPhone4/5
・Android Tablets、iPad、iPad mini

◆特長
・海外、国内でのマルチメディアアプリ、イメージアプリ、エンタープライズアプリ、その他ユーティリティの実績を数多く持っています。公開できる事例については以下をご覧下さい。

http://www.thinkpalm.com/jp/mobiledevelopement.html
http://www.thinkpalm.com/jp/download.html

・アプリケーションのみならず、Bluetooth、Felica、Active sync、GPS、無線、ネットワーク、NFC(Near Field Communication)、データベースとの連携アプリが得意です。
・Andoroid OS、iOS、Windows Mobile、各種プラットフォームでの開発が可能です。
・低コスト(1人月35万円~)で開発サービスを提供いたします。

詳細は⇒http://www.thinkpalm.com/jp/news.html

◆シンクパームテクノロジースについて
シンクパームテクノロジース社は技術と革新的な考察に限りない情熱を持った起業家たちによって2010年10月に設立され、製品設計とソフトウェア開発事業を推進します。豊富な財政基盤をもつシンガポールの日系投資会社の支援のもと、シンクパームテクノロジース社は世界中の企業に、製品・サービス提供を推進します。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]