【市場調査】「約8割の企業が無駄な作業をしている?」 経理業務はもっと"楽"になる

企業の経理業務を効率化させる「交通費・経費精算システム」の導入状況に関する市場調査
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

企業向けのクラウドサービスを提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村 崇則)は、企業の経理業務を効率化させる「交通費・経費精算システム」の導入状況について市場調査を行いました。

交通費・経費精算システムとは、紙やExcelで処理している申請・精算作業を電子化することで、業務効率の改善や人的ミスの防止を実現するシステムです。

この度、株式会社ラクスが企業の経理担当者(管理職以上)800名に対して調査したところ、約8割の企業が交通費や経費の申請・精算処理を「紙・Excelで処理している」ことがわかりました。さらに、その「紙・Excelで処理している」企業について、従業員数50名以上の企業に絞ると、「金額や経路のチェック、承認作業が大変(45%)」、「会計ソフトへの入力に時間がかかる(27%)」など、多くの企業が経理業務に課題を感じていることがわかりました。

これだけ多くの企業が課題を感じているのにもかかわらず、紙・Excelの処理を続けている企業が多い理由は、交通費・経費精算システムのような「導入すれば劇的に業務が改善されるシステムがあることを知らない」企業が多い為と考えられます。

また、会社規模ごとのデータで見ると、従業員数1000人以上の大きな企業では紙・Excelで処理している企業は37%と少なく、システム化が進んでいることがわかります。一方で、企業規模が小さくなるにつれてその割合は増加し、100~499人規模の企業では80%、30~99人規模の企業では89%と、ほとんどシステム化されていないことがわかりました。

【調査方法】
調査対象者:全国の企業の経理担当者・管理職(課長職以上)
調査方法 :ネットリサーチを利用して調査
調査時期 :2012年9月14日~18日
回答数  :800名 .

【株式会社ラクスについて】
ラクスは交通費・経費精算システム「楽楽精算」など、企業の様々な業務を効率化するクラウドサービスを提供しております。
「楽楽精算」では、SuicaやPASMOの利用履歴を取込みそのまま交通費の申請・精算作業ができる機能や、自動仕訳・会計ソフト連携等の機能を搭載しており、経理業務を大幅に効率化することができます。

楽楽精算ホームページ
http://www.rakurakuseisan.jp/?press=nr

【会社概要】
名称 : 株式会社ラクス
事業内容: クラウド・ASP事業/レンタルサーバ事業/IT技術者派遣事業
設立 : 2000年11月
資本金 : 149百万円
売上高 : 1,953百万円(2012年3月期)
企業HP : http://www.rakus.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ラクス クラウド事業本部
担当者: 宮川 拓也(みやがわ たくや)
T E L : 03-6675-3631
F A X : 0120-82-5348
e-mail: it-mkt@rakus.co.jp

※グラフデータは下記のプレスリリース情報をご参照ください。
http://www.rakus.co.jp/press/2012/121031.html
※掲載のデータは発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]