倒産リスクの高い業種ランキング、3位は「小売業」2位は「運送業」では1位は?【アラームボックス調べ】

円安による輸入コストやコンプライアンス違反、コロナ支援策の終了で倒産リスクが増加。

AI与信管理サービスを提供するアラームボックスは、「倒産危険度の高い上位10業種」を発表した。14,058社・223,571件のネット情報から、1年以内に倒産する危険性がある「要警戒企業」を分析・抽出している。

倒産可能性の高い業種1位、大工工事・とび工事などの「職別工事業」

倒産可能性の高い業種ランキング

倒産発生リスクの高い業種1位は「職別工事業(設備工事業を除く)」で、前回3位から順位を上げた。建築物や土木施設の一部工事を担当する下請け企業の業績悪化や、仕入れ・外注コスト増加が負担となり、48社に1社が倒産する危険性ありとしている。

2位は宅配便、トラック運送などの「道路貨物運送業」。働き方改革関連法の施行に伴う「2024年問題」により、人手不足や売上減少等の影響を受けると予測される。3位は百貨店、総合スーパーなどの「各種商品小売業」がランクイン。地方の人口減少による閉業や連続赤字、施設の老朽化などが問題となっている。

調査概要

  • 【調査期間】2023年6月1日〜2024年5月31日
  • 【対象企業】アラームボックスでモニタリングしていた企業のうち14,058社
  • 【対象データ】アラームボックスで配信されたアラーム情報223,571件
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]