ギブリーがマーケティング業務に特化した生成AIツール「マーケGAI」正式版を提供

UIを大幅に刷新、ターゲット登録、クリエイティブ生成、デスクリサーチ機能を追加

生成AI(人工知能)の法人活用推進・マーケティングDX(デジタル変革)支援のギブリーは、マーケティング業務に特化した生成AIツール「マーケGAI」(マーケ・ジーエーアイ)の正式版の提供を始めたと6月19日に発表した。大幅なUI刷新と機能追加で企画・ライティング業務をより効率的に進められるだけでなく、デスクリサーチからSNS投稿画像生成、リーガルチェックまでマーケティングの幅広い領域をカバーして業務を効率化する。

デスクリサーチ画面。URLを入力すると任意のWebサイトから情報を簡単に表形式で出力

4月25日に発表したマーケGAIの正式版では、①マーケティング業務へのUIの最適化、②クリエイティブ生成機能の追加、③データ分析機能の追加――の3点を軸に大幅に刷新した。ターゲットや商品情報を登録して必要に応じて呼び出せる機能でマーケティング担当者は毎回情報を入力する手間が省け、効率的にAIを活用できる。事前登録したターゲット情報と商品情報から、AIが自動で用途に合わせて最適なコンテンツを生成する。

生成コンテンツが法律に触れる表現を含んでいないかのリスクチェックもAIが自動で判別し、コンプライアンス違反のリスクを未然に防いで発信できる。商品企画からSNSやライブ配信など多岐にわたる業務を自動化。例えば販促カレンダーに合わせて季節性のあるデザインを簡単に取り入れられる。デスクリサーチ機能でWebサイト情報を自動でクローリングして収集するので、手作業で情報収集する時間と手間を大幅に削減できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]