「PayPay」アプリのホーム画面をリニューアル、スワイプで「クレジット」に切り替え

起動してすぐ残高状況・ためたポイント・クレジットカード利用可能額が分かるように

スマートフォン決済事業のPayPay(ペイペイ)は、同社のコード決済「PayPay」アプリのホーム画面を大幅にリニューアルする、と4月23日発表した。翌月まとめて支払う「クレジット」への切り替えをスワイプで可能にするほか、アプリを起動するとすぐに残高状況、ためたポイント、クレジットカードの利用可能額が分かるようにする。

PayPayアプリは決済を起点に、関連する金融サービスを集約した“スーパーアプリ”化を推進。クレジットカード「PayPayカード」、ポイントサービス「PayPayポイント」や「PayPay資産運用」「PayPay銀行」などの各サービスが利用でき、他のアプリやウェブサイトへ移ることなく、PayPayアプリ内で情報閲覧や取引を可能にしている。

リニューアルでは金融サービスを使うユーザーの利便性を高め、アプリ起動のたびにホーム画面で資産の状況がひと目で分かるようにする。加えて、ホーム画面の上部に「取引履歴」のアイコンを配置。これまでより簡単にPayPayやPayPayカードなどの取引履歴を確認できるようにする。ホーム画面の残高などは非表示に切り替えられる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトイン
何らかの選択を望んですること。 広告メールを受け取ることなどを、ユーザーが ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]