インティメート・マージャーとログラフがリターゲティング広告サービスを共同開発

「IM-ODB Connect」、ポストCookie時代に対応、顧客データ収集から広告配信まで提供

データマネジメントプラットフォーム(DMP)事業のインティメート・マージャー(IM)と、マーケティングDX(デジタル変革)支援事業のログラフは、Webサイトへの再訪を促すリターゲティング広告サービス「IM-ODB Connect」の提供を2月8日から共同で始めると発表した。ポストCookie時代に対応した広告サービスを共同開発した。データ収集からリターゲティング広告の配信・運用まで一気通貫で行うことができる。

自社顧客の1st Party Dataの収集、第三者が提供の3rd Party Dataと掛け合わせたターゲティング戦略の最適化、広告配信・運用が可能。ログラフの次世代マーケティングプラットフォーム「オムニデータバンク(Omni Data Bank)」が保有するユーザーデータと、IMが保有する3rd Party dataに代わる類推データを掛け合わせ、類似ユーザーへの拡張配信や配信除外設定ができる。AndroidとiOSのデバイスにもリターゲティング広告が可能。

IM-ODB Connectの概要

オムニデータバンクは、独自のデータ収集機能でWebサイトへ来訪したユーザーのページ閲覧履歴とCVデータとを紐付け、1st Party Dataを細かく分類して広告運用で必要な顧客データだけを抽出する。IMは、約4.7億のオーディエンスデータをもつデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」を提供する。「GDPR(EU一般データ保護規則)」や「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」などデータ収集・活用の規制強化に対応済み。

Webサイト訪問者の情報を使用端末に保存するCookieが個人情報保護から問題視され、1月4日から2024年末までに3rd Party Cookieの廃止に向けてトラッキング保護機能のテストが始まった。ターゲティング精度の低下や広告効果の課題に対応したCookieに依存しないWebマーケティング手法のデジタル広告が求められていることから、IMとログラフは両社の強みとサービスを掛け合わせたリターゲティング広告サービスを共同開発した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]