Adobeが「Creative Cloud」個人版コンプリートプランと単体プランを3月5日に値上げ

「生成クレジット」「Adobe Express」「Adobe Firefly」を追加、為替レートも調整

Adobeは、クラウドサービス「Adobe Creative Cloud」個人版プランを値上げする、と2月4日に発表した。画像や動画編集、Webデザインなどのアプリケーションをまとめてサブスクリプション(定額課金)で利用するコンプリートプランと、各アプリの単体プランの価格を3月5日から値上げする。「生成クレジット」と「Adobe Express」、「Adobe Firefly」の機能追加と、為替レートの変動に対応した調整が値上げの理由としている。

Creative Cloud個人版コンプリートプランの税込み価格は、年間プラン月々払いが月額6480円から7780円、月々プラン月々払いが月額1万280円から1万2380円、年間プラン一括払いが年額7万2336円から8万6880円になる。個人版単体プランの税込み価格は、年間プラン月々払いが月額2728円から3280円、月々プラン月々払いが月額3828円から4980円、年間プラン一括払いが年額2万8776円から3万4680円になる。

生成AI(人工知能)の力を使って特別なコンテンツを作成できるWebアプリのAdobe Fireflyの機能をCreative Cloudアプリケーションに搭載したことで、「Photoshop」の生成塗りつぶしや、「Illustrator」の生成再配色などが可能になった。PhotoshopやIllustratorで作成したアセット(資産)を使用しながらソーシャル投稿やビデオ、PDFの作成を加速するオールインワンアプリのAdobe Expressもメンバーシップに追加された。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]