「ジモティー」のアプリで運用型広告配信プラットフォーム「ジモティーAds」の提供を開始

ユーザーの行動履歴や登録情報を利用、ジモティーの媒体に直接出稿できるプラットフォーム

地域情報サイト「ジモティー」を展開するジモティーは、スマートフォン向けアプリ「ジモティー」で、運用型広告配信プラットフォーム「ジモティーAds」の提供を始めた、と11月14日発表した。ユーザーの行動履歴や登録情報を利用する。ジモティーの媒体に直接出稿できるプラットフォームとなる。

ジモティーAdsは、サイトのジモティーに登録しているユーザーの情報や過去の行動履歴に基づき、ユーザーに適した広告を配信する。広告は、スマートフォン向けアプリのジモティーのフィード面に掲載する。提供開始に合わせて複数の広告主で広告配信を検証したところ、広告効果が高かったという。

ジモティーAdsのイメージ

サイトのジモティーは、大型家具や家電など郵送に手間や費用がかかるモノの譲り合いや、地元企業の求人、サービスの告知を行い、月間1000万人が利用している。これまで広告配信事業者と連携して広告を配信していたが、より最適な広告配信を可能にするため、ジモティーAdsを提供することにした。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]