パナソニック、東急、UR都市機構がロープウェイ型空中配送ロボットを団地で実証実験

東急ストア、吉野家の商品を注文、指定時間内に川崎市の郊外団地の受取ボックスに配送

パナソニックホールディングス(HD)、東急、都市再生機構(UR都市機構)は、川崎市麻生区の「UR虹ヶ丘団地」で、空中配送ロボット技術を活用した新たな配送サービスの実証実験を11月18日から始める、と11月6日に発表した。実証実験を活用した持続可能なまちづくりの推進で10月13日に連携協定を締結済みで、郊外住宅地で空中配送ロボットによる配送サービス実験は世界初という。

ロボットや実証実験の様子、受け取り場所のイメージ画像

UR虹ヶ丘団地内で11月18日から2024年3月31日まで不定期に空中配送ロボットを運行する。住民が専用WEBアプリから東急ストア、吉野家などの商品を注文すると、指定時間内に団地内の受取場所にある受取ボックスまで配送ロボットが商品を届ける。配送システムの効果や課題、利用頻度、利用目的のニーズを把握し、生活への影響を調査する。東急ストア、東急バス、URコミュニティ、吉野家が協力する。

配送業界の人手不足や配送コストの上昇といった社会課題を解決し、少子高齢化が進行する郊外住宅地の買い物の利便性向上を目指す。空中配送ロボットで商品が届けられる受取場所に人が集い、外出や交流の機会が創出されることによるウェルビーイング(心身の健康や幸福)の向上や、コミュニティの形成による地域活性化に寄与して、生活者1人ひとりの自由で豊かな暮らしと生活者起点でのまちづくりを推進する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]