「キャッシュレス決済」の利用率が60%以上に。デジタル化で消費者の購買行動はどう変化した?【電通デジタル調べ】

商品の比較検討は店頭だけでなく「企業の公式サイト」や「SNS」で。

電通デジタルは、「EC・店頭をまたぐ購買行動実態調査2023」を実施した。購買行動の各フェーズにおいて、ユーザーがどのようなチャネルに触れ行動しているのか、2,900名に調査している。

コロナ後も購買行動のデジタル化は緩やかに加速?

買い物時に利用している決済方法(複数回答)

まず、主な決済方法を聞くと、現金やクレジットカードの利用率が引き続き高い一方で、「キャッシュレス決済」の利用が全体で60%を超えていた。

比較・検討フェーズでの利用チャネル

また、商品の比較・検討フェーズにおいては、「店頭」に加えてデジタルチャネルの影響力が大きいことがわかった。「企業の公式サイト」は全カテゴリーで選ばれ、「SNS」も上位にランクインするなど、購買行動の多様化が進んでいた。

購入までの検討経路 ECと店頭の使い分け

購入に至るまでのEC・店頭(オンライン・オフライン)の使い分けとしては、2022年よりもスマート化の傾向が見られた。

96.7%の人が「何らかのポイントを収集している」

ポイント収集への意識

ポイント収集の状況としては、「何らかのポイントを収集している」が96.7%。「ポイントを少しずつ貯め、定期的に確認しながら、しっかり使い切る」というポイ活へのモチベーションの高さがうかがえた。

次世代コマースへの興味関心

また、次世代コマースの中では、「Instagram」と「YouTube」に対する興味と認知が突出した結果に。SNSでの購買行動にも引き続き注視が必要なようだ。

調査概要

  • 【調査手法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年5月23日~29日
  • 【調査エリア】全国
  • 【調査対象】20〜69歳、2,900名
  • 【商品一覧】主要13カテゴリーに含まれる29商品(ファッション・インナー・小物/美容・コスメ/食品・スイーツ/ドリンク(お酒以外)/お酒/日用雑貨/ダイエット・健康/医薬品・コンタクトレンズ/ギフト/ペット用品/電化製品/インテリア/キッズ・ベビー・おもちゃ)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]