LINEヤフーと読売新聞がネット記事やSNSでのプライバシー侵害防止の取り組み推進

両社が共同声明を発表、両社の行動によってプライバシーが尊重される社会の実現へ

LINEヤフーと読売新聞グループ本社は、インターネット上に掲載される記事やSNS発信などでのプライバシーの侵害を防ぐ新たな取り組みを進める、と10月5日発表した。共同声明を出した。サービス利用者数が国内最大規模のLINEヤフーと、世界最大の発行部数を誇る読売新聞が行動することで、プライバシーが尊重される社会の実現につなげる。

LINEヤフーは「LINE NEWS」の主要ニュースやLINE NEWSのLINE公式アカウント「LINE NEWS DIGEST」、「Yahoo!ニュース トピックス」でプライバシーに配慮しない記事を掲載しない方針を改めて確認し、一層重点を置く。さらにユーザーからのプライバシー配慮不足に関するフィードバックを分析。記事を配信する媒体社に必要に応じて伝える。

読売新聞は、オンライン記事の報道指針の運用を従来以上に徹底。具体例で①事件・事故の記事掲載期間を限定②記事タイトルで記事内容を逸脱した文言の使用や煽情的、刺激的な表現をしない③個別事案ごとにプライバシー情報の掲載可否を慎重に判断する--を挙げた。記事ごとの「読者の報告」の選択肢にプライバシー配慮の項目も加える。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

MSNbot
MSNbotは、Microsoft社が用いていたクローラー(ロボット)の一種。同 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]