KDDIなど10社で総務省委託研究「安全なデータ連携による最適化AI推進コンソーシアム」

多様なデータとAIを安全に連携させる「データ連携AIプラットフォーム」の創出を目指す

KDDIは、「安全なデータ連携による最適化AI推進コンソーシアム」を同社を含む10社で7月28日に設立した、と8月4日に発表した。多様なデータを安全に連携させる「分散型機械学習技術」の確立を目指す。プライバシーデータや機密データなどを含んだ実空間に存在するデータを、分野の垣根を越えてAI(人工知能)学習に活用できるプラットフォームを創出して、社会課題の解決や産業競争力の向上に貢献する。

安全なデータ連携による最適化AIのイメージ

総務省が公募した情報通信技術の研究開発課題「安全なデータ連携による最適化AI技術の研究開発」(令和5年度)に、KDDIを代表研究機関とする8社が委託先に選定された。8社に2社を加えた10社のコンソーシアムで委託研究開発を担う。KDDI以外の会員団体は、KDDI総合研究所、情報通信研究機構、グリーンブルー、日本電気、ピコラボ、さくらインターネット、凸版印刷、プラナスソリューションズ、ギリア。

コンソーシアムは、①マルチモーダルAI技術の開発・高度化、②エッジAI技術の開発・高度化、③連合学習技術の開発・実用化――の3つの活動を行う。さらに3つの活動を組み合わせた分散型機械学習技術を活用して、具体的な社会実装シーンを想定した技術実証を行う。確立した分散型機械学習技術によって、多様なデータを安全に連携させる「データ連携AIプラットフォーム」を創出し、分野を横断したデータ活用を推進する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]