ロイズが体験型施設「ロイズカカオ&チョコレートタウン」を8月4日グランドオープン

カカオファームゾーン、工場体験ゾーン、チョコレートワークショップなど5ゾーン構成

チョコレートなど菓子製造のロイズコンフェクト(札幌市)は、北海道当別町のロイズタウン工場に併設してプレオープン中の体験型施設「ロイズカカオ&チョコレートタウン」を8月4日にグランドオープンする、と7月19日に発表した。8月4日以降は、カカオ豆加工プラントを稼働して、カカオの栽培の農園づくりからチョコレートになるまでのすべてをロイズが手がけた「ファームトゥーバー」チョコレートの製造を開始する。

体験型施設「ロイズカカオ&チョコレートタウン」

1階の入場ゲートからエレベーターで3階に上がり、3階から1階まで通路を進む中で、さまざまな体験ができ、一部の通路から1階の吹き抜け部分にあるカカオ豆加工工場を眺めることができる。「エントランス(無料エリア)」「カカオファームゾーン」「工場体験ゾーン」「ロイズコレクションストリート」「チョコレートワークショップ(体験料別途)」の5つのコンセプトで構成された施設でチョコレートの旅を楽しめる。

ロイズカカオ&チョコレートタウンはJR「ロイズタウン駅」から徒歩約7分、無料シャトルバスあり。駐車場は無料。開館時間は10時から17時(最終入場15時)、1階のショップ(無料エリア)は9時から18時。グランドオープンした8月4日以降の入場料は大人(高校生以上)1200円、子供(4歳から中学生)500円、3歳以下無料、障害者手帳の持参で500円。すべて事前予約・チケットが必要。チョコレートワークショップ体験料は1500円。

エントランス
3階のカカオファームゾーン
2~3階の工場体験ゾーン
2階のロイズコレクションストリート
オリジナルチョコレートを作れるチョコレートワークショップ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]