ヤフーがユーザー情報の広告利用で自ら設定可能な「アドパーソナライズセンター」開始

「Yahoo! JAPAN」に表示される情報をユーザーの興味・関心に合わせてカスタマイズ可能

ヤフーは、ユーザー情報の広告への利用に関し、ユーザーが自ら自由に細かく選択・設定可能なサービス「アドパーソナライズセンター」を始めた、と7月26日発表した。プライバシーへの取り組み強化の一環。「Yahoo! JAPAN」に表示される情報をユーザーの興味・関心に合わせてカスタマイズできる。設定内容は、8月23日から順次、広告配信に適用される。

アドパーソナライズセンターは、Yahoo! JAPANのIDでログインしているユーザーが対象。興味・関心に関連するさまざまなトピックの広告について、トピックごとに表示頻度を減らすかどうか設定可能で、より興味・関心がある広告を表示させられる。広告に利用するユーザーの性別、年齢、属性など登録情報を確認したり、設定を変更したりすることもできる。

アドパーソナライズセンターで設定可能なデータは、Yahoo! JAPANの行動履歴や属性の情報。外部サイトでの行動履歴情報を広告配信に利用するかどうかは従来通り「行動ターゲティング広告の設定」で行う。同設定で行動ターゲティング広告が配信されないようにしていたユーザーが今後も同様にしたい場合はアドパーソナライズセンターで新たに設定が必要。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SLA
サービスをどの程度の品質で提供するのかを定めた契約のこと。 主にASPやS ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]