ジオターゲティング広告配信サービス「MarketAnalyzer Ads Digital」β版の提供を開始

技研商事インターナショナル、販促最適エリアを広告配信エリアとして町丁目単位で指定

エリアマーケティングGIS(地図情報システム)開発・販売の技研商事インターナショナルは、ジオターゲティング広告配信サービス「MarketAnalyzer Ads Digital(マーケットアナライザーアズデジタル)」β版の提供を8月1日に始める、と7月14日発表した。販促最適エリアを広告配信エリアとして町丁目単位の指定が可能。広告運用、効果測定まで一括して実施できる。

「MarketAnalyzer Ads Digital」の概要

ジオターゲティング広告は、位置情報データから配信ターゲットを定める広告で、特定エリアのユーザーに配信する。MarketAnalyzer Ads Digitalは、技研商事インターナショナルの商圏分析GIS「MarketAnalyzer 5」と連携し、商圏分析結果を広告配信に活用。リアルタイム配信が特徴のプログラマティック広告(運用型広告)」が可能なプラットフォームを提供する。

MarketAnalyzer Ads Digitalは、性、年代、居住地、年収、貯蓄、消費支出、自動車保有、居住者プロファイル、生活者意識、購買系などのデータや、滞在人口、推定居住地来訪者分析レポートなどを利用して広告配信先に指定できる。指定エリア以外での広告出稿は発生しない。限定10社を対象にMarketAnalyzer 5を10月末まで無償にするテストキャンペーンを行う。

「MarketAnalyzer 5」と連携させてエリア分析をもとにターゲティング広告の出稿が可能
「MarketAnalyzer 5」のエリア分析
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]