電通デジタルが「ウェブアクセシビリティコンサルティングサービス」を提供開始

法改正で合理的配慮の提供義務化、診断から改善提案、実装、運用まで一気通貫で支援

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、「ウェブアクセシビリティコンサルティングサービス」の提供を始める、と7月3日に発表した。企業のウェブサイトをアクセシビリティの観点から現状分析、質の高いクリエイティブへの改善提案、実装、運用サポートまで対応するコンサルティングを提供する。外部パートナーと協力して、視覚障害者や高齢者によるユーザビリティテストにも対応する。

サービスメニューは、①診断コース、②ユーザー検証コース、③主要ページ改善コース、④大規模リニューアルコース――の4コースがある。①はアクセシビリティの観点から診断してUI改善案を提出。②は障害者当事者や高齢者を対象にしたユーザビリティテストを実施してレポートを提出する。③は診断に加えて主要ページを目指す達成基準に合わせて改善する。④はサイトリニューアル等の大規模改修に対応する。

障害者差別解消法の改正で、2024年4月1日から民間企業も障害者当事者から改善が求められた場合は合理的配慮を提供することが義務化された。高齢者や障害者を含めて、誰もがウェブサイトで提供される情報や機能を支障なく利用できることが不可欠となったことから、電通デジタルはデジタルにおけるダイバーシティ実現を目指す「ウェブアクセシビリティプロジェクト」を始動し、コンサルティングサービスを一気通貫で行う。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]