インティメート・マージャーの「IM-DMP」のオーディエンスデータと「Sprocket」が連携

Sprocketで趣味や好みに応じた施策が可能に、IM-DMPのデータを活用したウェブ接客実現

データマネジメントプラットフォーム(DMP)事業のインティメート・マージャー(IM)と、CRO=コンバージョン(最終成果)率最適化=プラットフォーム事業のSprocketは、IMのデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」のオーディエンスデータとSprocketのCROプラットフォーム「Sprocket」の連携を始めた、と5月31日発表した。Sprocketで趣味や好みに応じた施策が可能になる。

IM-DMPは約4.7億のオーディエンスデータと分析技術を組み合わせたプラットフォーム。Sprocketは、ユーザーのオンライン行動データに基づいてパーソナライズしたウェブ接客を通じてコンバージョンを最大化する。IM-DMPのオーディエンスデータとSprocketの連携によって、IM-DMPが持つデータを活用したウェブ接客や、サイトのコンテンツ出し分けができるようになる。

Sprocketはこれまでもサイト上の行動や、サイトから連携したファーストパーティデータ(自社サイト訪問者からの収集情報)」で施策の出し分けや分析を行ってきた。今回、IM-DMPのサードパーティデータ(自社やパートナー企業以外の提供データ)も使用可能になり、精緻なセグメント作成や分析が実現する。IM-DMPはCookie(クッキー)規制後のデータ活用にも対応できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]