AIの活用で広告クリエイティブを制作する「極予測AI」に「広告コピー自動生成機能」搭載

サイバーエージェント、自社開発LLMと「ChatGPT」の組み合わせ、詳細なターゲットに対応

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、効果を予測するAI(人工知能)を活用して広告クリエイティブを制作するサービス「極予測AI(キワミヨソクエーアイ)」に、「広告コピー自動生成機能」を搭載した、と5月18日発表した。自社開発の大規模言語モデル(LLM)と、米国オープンAIの生成AI「ChatGPT」のAPIを既存の生成システムに組み合わせた。

極予測AIでこれまで提供してきたテキスト自動生成機能をアップデートし、広告画像の内容を考慮しながら詳細なターゲットに合わせて広告コピーを作り分ける機能を追加した。「20代女性」といった従来の性別・年齢などのターゲティングに加えて「朝が忙しい働く人」など特性や状態を指示として受け取ることで、ターゲットに応じたテキストが生成できる。

商材やそれを使用する人など、バナーに使う画像の内容を考慮して生成し、さまざまなクリエイティブの迅速な検証も可能。広告コピー自動生成機能で制作した広告コピーを効果予測AIに応用すると、これまでより多くのクリエイティブパターンを効果予測にかけながら制作でき、効果予測値が既存の1位のクリエイティブを上回る新クリエイティブを提案する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]