社会人エンジニアが今後最も習得したい言語 2位は「Java」 1位は?【レバテックキャリア調べ】

「Java(BtoB)」の正社員求人倍率は21.8倍で前年同月比+9.8ptで増加傾向に。

レバテックが運営する、ITエンジニア中途向け転職支援エージェント、レバテックキャリアは、社会人エンジニア300名を対象に、プログラミング言語/開発環境に関するトレンド調査を実施した。

社会人エンジニアが業務で最も使用する言語は「Java」

社会人エンジニアに業務で使用しているプログラミング言語を聞いたところ、最も多かったのは「Java」で24.0%だった。年代別にみると、20代~40代では「Java」、50代以降では「C」「COBOL」「C++」が全体と比較して高かった。

2022年8月発表の調査※によると、「Java(BtoB)」の正社員求人倍率は21.8倍で前年同月比+9.8ptと増加傾向にある。Javaの需要は依然として高く、今後もJavaの需要は継続するといえるだろう。

現在の業務で使用している言語

 

今後習得したい言語、「Python」が最多

社会人エンジニアが今後習得したいプログラミング言語を複数回答で聞いたところ、、「Python」が27.0%で最多、次いで「Java」が16.7%「JavaScript」が10.0%という結果になった。 

今後習得したい言語

今後、Pythonを習得したい理由を複数回答で聞いたところ、「最近流行りの言語だから」が43.2%で最も多く、次いで「汎用性が高く、幅広い開発に使用されている言語だから」が37.0%「Webアプリケーションの開発に向いているから」が24.7%となった。 

Pythonを習得したい理由

クラウド環境上での開発経験があるエンジニアは3分の1に留まる

社会人エンジニアのうち、クラウド環境上での開発経験があるエンジニアは全体の30.7%という結果になった。近年、多くの企業がクラウドサービスへの移行を進める一方で、クラウド環境上での開発経験があるエンジニアはあまり多くはないようだ。

クラウドサービス環境上での開発経験はあるか

開発経験があるクラウドサービスの種類は「AWS」が79.3%で最多となり、「Azure」が43.5%「GCP」が16.3%と続いた。

開発経験があるクラウドサービス

調査概要

  • 【調査対象】:社会人エンジニア300名
  • 【調査実施年月】:2023年3月17日~2023年3月20日
  • 【調査方法】:Webアンケート調査
  • 【有効回答数】:300名
  • 【調査主体】:レバテック株式会社
  • 【実査委託先】:楽天インサイト株式会社
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]