BtoB企業の8割以上が「単独ウェビナー」を実施。“参加率”や“集客数”を上回る課題とは?【リサピー調べ】

BtoB企業のウェビナー担当者が今感じている課題とは?

「リサピー」を運営するIDEATECHは、BtoB企業のウェビナーに関する実態調査を実施した。2か月に1回以上ウェビナーを実施するBtoB企業の担当者100名が回答している。

ウェビナー実施の1番の課題は「テーマや内容作り」

これまで単独もしくは共催のどちらのウェビナーを実施してきたか(複数回答)

まず、これまでに単独・共催のどちらのウェビナーを実施してきたかを聞くと、「単独ウェビナー」が​​83%、「共催ウェビナー」が49%となった。

これまで実施してきたウェビナーのコンテンツ(複数回答)

実施してきたウェビナーのコンテンツとしては、「説明会」が66%で最も多く、以下「カンファレンス」「発表会」などが続いた。

ウェビナーの1回あたりの平均集客数

ウェビナーの1回あたりの平均集客数を聞くと、「31~40人」が15%、「41~50人」が19%と、1割~2割を占める項目が多く、比較的ばらけている傾向だった。

ウェビナーを実施する際に課題と感じること(複数回答)

ウェビナーを実施する際の課題としては、「テーマ・内容」が​47%、「告知・集客」「参加率」が同率で36%という結果となった。

ウェビナーを実施する際に工夫していること(自由回答)
  • 事前アンケートで知りたいことをヒアリングする
  • クローズで参加型にすることで、積極的に発言しやすくする
  • ワークショップ形式で開催し、実際に手を動かせるようにする

調査概要

  • 【調査方法】IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
  • 【調査期間】2023年4月19日〜同年4月19日
  • 【有効回答数】2か月に1回以上ウェビナーを実施するBtoB企業のウェビナー担当者100名
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]