アタラの運用型広告レポート作成支援システム「glu」が「Microsoft広告」にも対応

Microsoft広告で管理する広告のパフォーマンスデータを自動収集してレポート作成

デジタルマーケティング支援事業のアタラは、同社の運用型広告レポート作成支援システム「glu」が、マイクロソフトの広告プラットフォーム「Microsoft広告」にも4月27日に対応した、と同日発表した。Microsoft広告で管理している広告のパフォーマンスに関するデータをglu上で自動で収集・蓄積し、レポートが作成できるようになった。

Microsoft広告は、マイクロソフトのブラウザ「Microsoft Edge」の標準検索エンジン「Bing」の検索結果画面などに広告が配信できる。gluが連携している「Amazon広告」「Apple Search Ads」「Google広告」「Yahoo!プロモーション広告」「Facebook広告」「Criteo」といった国内外の各広告媒体・ツールに今回、Microsoft広告が加わった。

gluは、連携する約60の広告媒体・ツールの各データを自動的に集約して運用広告データを一元化し、レポートを自動的に作成する。さまざまなマーケティング施策を行っていても、全てのデータへのアクセスが1つの画面で可能になり、一貫した分析ができる。レポートの作成を自動化することで、作成にかかる労力や時間を大幅に減らせる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]