キヤノンITソリューションズが「テレワークサポーター」の新版を提供、ブラウザに対応

これまでは「Windows」パソコンのみ、新版は「Mac」や「Chromebook」でも使えるように

キヤノンマーケティングジャパングループでSI(システムインテグレーション)・コンサルティング・ソフト開発のキヤノンITソリューションズは、同社が展開するクラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」の新バージョンの提供を4月24日に始めた、と同日発表した。新たにウェブブラウザ「Google Chrome」で利用できるようにした。

テレワークサポーターは、キヤノンの顔認証技術を使って勤務者以外のパソコン画面ののぞき込み、なりすましを検出し、情報漏えいを防ぐと同時に、テレワークでの勤務時間が可視化できる。これまでは「Windows」パソコンのみの対応だったが、新バージョンはGoogle Chromeが動作する「Mac OS」「Chrome OS」のパソコンでも使えるようになった。

「Mac」や「Chromebook」ユーザーが多い企業・組織からブラウザ版を求められていた。新バージョンは専用のアプリケーションをインストールする必要がなく、ウェブページにアクセスするだけで使い始められる。定期的にバージョンアップの有無を確認して自動でアップデートする。5ユーザーの年間ライセンスは初期費用2万円、利用料12万円から。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]