チャットAIの創作支援ツール「note AIアシスタント(β)」が全クリエイターで利用可能に

note、これまではプレミアム会員や先行ユーザーなどが対象、メニューも加えて33機能搭載

デジタルコンテンツ企画・制作・配信事業のnoteは、同社のメディアプラットフォーム「note」の全クリエイターが4月12日から、チャットAI(人工知能)を使った創作支援ツール「note AIアシスタント(β)」を利用できるようにした、と同日発表した。これまではnoteのプレミアム会員、法人向け高機能プラン「note pro」、先行ユーザーを対象にしていた。

note AIアシスタント(β)は、米国AI開発事業のオープンAIの自然言語AI「GPT」シリーズを搭載し、2月16日に公開した。クリエイターは、記事のアイデアや文章の改善点の提案などが受けられる。今回メニューを20追加して33の機能を備えたほか、編集画面からの切り替えなしで立ち上げられるようにするなど、レイアウトやメニュー設計を大幅に変更した。

①書き始める前に②表現をととのえる③文章をまとめる④レビュー⑤タイトルを提案⑥その他--の各段階でさまざまな機能を搭載した。①は記事のアイデア、構成や書き出しを提案。プレスリリースの構成や求人募集などのテンプレートも備える。②はやわらかく、フォーマルになど書き換えを提案。④は間違いの指摘や炎上リスクの確認などが可能になる。

 利用イメージ

note AIアシスタント(β)は、noteの無料会員、noteプレミアム会員(月額500円)、note pro(同8万円)の3種の会員ステータスに応じた利用条件を設定した。使える回数が無料会員は月5回まで、noteプレミアム会員は同100回まで、note proは無制限。利用できる機能は、無料会員とnoteプレミアム会員は全33のうち24となり、note proは33機能全てが使用可能。

会員ステータスに応じた利用条件 
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]