我が社もいよいよテレビCM!しかし約9割の企業が「初めてのテレビCMに後悔」。その理由とは?【東通メディア調べ】

テレビCMを打った理由1位は「ブランドイメージの向上」。商品に対する信用性を高める狙いも。

東通メディアは、「初めてのテレビCM」に関する調査結果を発表した。自社のテレビCM制作・放映に携わった経験のある、経営者・役員、会社員111人が回答している。

テレビCMは、制作費や放映費以上に○○がネックに?

まず「自社のテレビCMを制作・放映することになったきっかけや背景」を聞くと、「ブランドイメージの向上を図りたかったから」56.8%、「商品に対する信用性を高めたかったから」54.1%、「テレビCMに対する憧れがあったから」49.5%が上位だった。「わからない/答えられない」といった担当者はゼロで、かなり明確な目的設定をしてテレビCMを打っていることがわかる。

一方「初めて自社のテレビCMを制作・放映に携わった際、結果的に後悔したことがあるか」を聞くと、「かなりあった」39.7%、「ややあった」46.8%と、86.5%(96人)もの担当者が後悔を抱えていた。

具体的に「後悔したポイント」を96人に聞くと、「制作期間が長かった」53.1%、「制作費や放映費が高かった」49.0%、「工数が多くかかった」47.9%に意見が集中した。思った以上に期間・工数がテレビCMには掛かるというのが想定外だった模様だ。またこの段階になって「そもそもテレビCMを放映する目的が曖昧だった」12.5%も存在する。

「初めての自社テレビCMでかかった制作費用」については、「1,000万円以上」22.6%、「500万円~1,000万円未満」が32.4%で、500万円が分かれ目のようだ。

なお「今後もテレビCMの制作・放映を継続実施する」という企業は88.3%。その理由は「やはりテレビCMの影響力は大きいから」59.2%、「オンライン上の施策だけでは限界があるから」58.2%、「信用性の獲得に強みがあるから」50.0%といった声があがった。

調査概要

  • 【調査対象】自社のテレビCM制作・放映に携わった経験のある、経営者・役員、会社員
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2022年10月12日~13日
  • 【有効回答数】111人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エスノグラフィックリサーチ
民族誌学的アプローチによる調査のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]