IMの共通ID「IM-UID」がマイクロアドの「UNIVERSE Ads」「MicroAd COMPASS」と連携開始

Cookie利用規制後もプライバシーに配慮したターゲティング広告が可能、媒体社は収益向上

データマネジメントプラットフォーム(DMP)事業のインティメート・マージャー(IM)は、同社の共通IDソリューション「IM Universal Identifier(IM-UID)」が、データプラットフォーム事業のマイクロアドが展開する広告配信プラットフォーム「UNIVERSE Ads」、SSP(広告収益化プラットフォーム)「MicroAd COMPASS」との連携を始めた、と11月22日発表した。

IM-UIDは、企業をまたいで閲覧履歴を共有するサードパーティーCookie(クッキー)を使うことなく、異なるドメイン間でデータ連携する。プライバシー保護意識の高まりを受けてデータ収集・活用の規制が強まり、サードパーティーCookieが利用できなくなる中、広告配信や効果計測で新たな対策が必要となっているため、マイクロアドはIM-UIDと連携した。

広告主はCookie利用が規制された後も、UNIVERSE Adsを通してプライバシーに配慮したターゲティング広告の配信が可能になる。MicroAd COMPASSを利用する媒体社は、サードパーティーCookieを使用することなく広告が配信でき、収益性の向上が見込まれる。Cookie規制によって既に広告配信が困難な「iOS」の機器に対しても、IM-UIDとの連携で実現する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]