音楽アプリの認知率・利用率 1位は僅差で「Spotify」【スパコロ調べ】

音楽アプリの認知率、意外と低い? 有料会員の割合にも差が生まれた。

ロイヤル顧客の反応可視化ツールを提供するスパコロは、音楽アプリの利用実態に関する調査を実施した。全国の20~59歳1,000人が回答している。

音楽アプリの認知率・利用率、1位は「Spotify」

音楽アプリの認知・利用状況

まず、音楽アプリの認知・利用状況について聞くと、認知率は「Spotify」(35.8%)、「YouTube Music」(35.5%)「Amazon Music」(25.5%)が上位となった。利用率については、最も高い「Spotify」が15.0%、その他で10.0%前後となっている。
なお、いずれのアプリも利用経験者の約9割が現在も利用を続けており、利用以降の離脱が少ない構造であることわかった。

有料会員が多いのは「Amazon Music」で55.7%

人気音楽アプリの契約形態

また、前項の認知率上位3アプリの契約形態について聞くと、有料会員の割合は「Spotify」で25.3%、「YouTube Music」で29.0%、「Amazon Music」で55.7%という結果となった。

よく聞くジャンルは「Jポップ」、重視点は「収録楽曲数の多さ」

音楽アプリで聞いているジャンルTOP10

音楽アプリで聞いているジャンルについて聞くと、最も多いのは「Jポップ」で61.3%、以下「ポップス(その他)」「ロック」「アニメ・ゲーム」と続いた。

サブスク音楽アプリの重視点TOP10

サブスクリプション音楽アプリの重視点については、「収録楽曲数が多いこと」が45.3%、「操作がしやすいこと」が40.1%、「価格が安い/無料であること」が39.8%となった。

音楽アプリを利用しなくなった理由TOP10

また、音楽アプリを利用しなくなった理由については、「他の音楽アプリに利用を切り替えたから」「料金が高かったから」「聞きたいアーティストの曲がなかったから」「トライアル利用期間が終わったから」などが目立った。

調査概要

  • 【調査方法】全国 20~59歳を対象としたインターネットリサーチ
  • 【調査期間】2022年9月1日(木)~2022年9月5日(月)
  • 【有効回答数】1,000名 ※人口構成に合わせたクォーターサンプリングを実施
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]