YouTubeのショート動画「YouTubeショート」のクリエイターにも新たに収益を分配

2023年から広告収益45%を視聴回数割合で分配、「クリエイターミュージック」でも収益

米国Googleの日本法人グーグルは、動画共有サービス「YouTube」のチャンネルを収益化する「YouTubeパートナープログラム(YPP)」で、60秒以内のショート動画「YouTubeショート」をメインに運営するクリエイターが2023年初頭から収益分配を受けられる、と9月21日に日本語公式ブログで発表した。チャンネル登録者が1000人以上で、 直近90日間のショート動画の視聴回数1000万回以上などの条件を満たせばYPPに申請できる。

YouTubeパートナープログラムとYPP視聴者ファンディングの概要

YPPに新しい利用資格を設けて、活動を始めて間もないクリエイターでも視聴者が感謝や応援の気持ちを示す投げ銭機能の「Super Thanks」や「Super Stickers」、「Super Chat」「チャンネルメンバーシップ」など視聴者ファンディング機能を早い段階から利用できるようにする。動画の間に表示される広告の収益全体の45%をクリエイターが受け取り、動画の合計視聴回数の割合に応じてクリエイターに報酬として分配する。

ショート動画の1日の視聴回数は300億回以上で、月間ログインユーザー数は15億人に達した。あらゆるトピックやカテゴリ、国や地域でショート動画の作成数が増加している。新しい収益分配で、広告の後に長尺動画が表示されるクリエイターだけでなく、ショート動画のクリエイターにも還元できるようにした。既存のYPPの利用資格に変更はなく、チャンネル登録者1000人、総再生時間4000時間に到達の条件を満たせば申し込める。

音楽業界と協力関係を築くため、クリエイターが自身のチャンネルを管理する「YouTube Studio」内に新たなページ「クリエイターミュージック」を作成して、長尺動画に使える楽曲を集めた音楽ライブラリに簡単にアクセスできるようにする。クリエイターは、収益化の可能性を広げる音楽ライセンスを手頃な価格で購入できるようになる。現在、米国でベータ版を提供中で、23年に対象地域を拡大する。

「クリエイタ―ミュージック」のページ例
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティテスト
ユーザビリティテストとは、Webサイトやアプリなどのユーザビリティ上の問題点を見 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]