Twitterが3種の新広告フォーマットのテスト開始、広告主にどんな結果をもたらすか調査

①コレクション広告②インタラクティブテキスト広告③プロダクトエクスプローラー広告

Twitterは、新しい広告フォーマットの初期テストを始めた、と8月29日発表した。①コレクション広告②インタラクティブテキスト広告③プロダクトエクスプローラー広告--の3種。フォーマットが広告主にどんな結果をもたらすか、ユーザーにどのように受け入れられるかテストで調べる。米国内の「iOS」「Android」機器とウェブブラウザで見られる。

①は、主画像と最大5つの小さなサムネイル画像で商品を紹介する。主画像は静止したままで、サムネイルは水平スクロールで閲覧する。画像から別のウェブサイトや商品ページへの誘導が可能。②は、標準より大きく太いフォントでテキストを表示。広告文の中の最大3つの単語を太字で強調し、任意のページに誘導できる。ハイライトは10色から選べる。

「コレクション広告」の画面
「インタラクティブテキスト広告」の画面

③は製品が3Dで紹介でき、ユーザーはスワイプしたり回転したりすることで商品をさまざまな角度から確かめられる。Twitterで初めての機能となる。表示商品の詳細を見てショップボタンをクリックすると、広告主のウェブサイトに移行する。Twitterはこれら3つの広告をテストし、パフォーマンスと顧客からのフィードバックに基づいて改良を繰り返す。

「プロダクトエクスプローラー広告」の画面
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]