bondaviが苦手な言葉からメンタルを守るブラウザ拡張機能「ひよこフィルター」無料公開

苦手ワードを事前登録、Web表示されると「ひよこ」に変換して目に入らないようにする

アプリ開発ベンチャーのbondavi(ボンダヴィ)は、Webで表示された苦手な言葉をひよこに変換する「ひよこフィルター」を公開した、と8月25日に発表した。「Google Chrome」等のブラウザで動作する拡張機能で、PCであれば「Gmail」や「Twitter」などあらゆるWebサイトで利用できる。「傷つく言葉から現代人を守るサービス」という。

フィルターで出力される「ぴよぴよ」

bondavi社長の「厳しいユーザーの声も無視できないが、傷つきたくもない」という個人的悩みを解決するため作られた。試作品をSNSで言及すると、同じようにネット社会の言葉の問題に悩む人々の役に立てる可能性が示唆されたので一般公開した。苦手な言葉が目に入らないようにするが、心の準備をして「見よう」と思ったら見られるようにした。

イメージ図

使い方は、① 「ひよこフィルター」 をGoogle Chrome等のブラウザにインストールする (スマホでなくPC)、②ブラウザ右上からひよこフィルターを有効にする、③ブラウザ右上のひよこマークをクリックする、④苦手なワードを登録する、⑤登録した言葉が表示されると、ひよこに変換される、⑥ひよこをクリックすると変換前の言葉が表示される。

使い方
使い方
使い方
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]