CCCマーケティングとトレジャーデータがCDP領域で提携、「CDP for LIFESTYLE Insights」開始

生活者のライフスタイルが基点のデータサービス、データとデータ活用技術を組み合わせて展開

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループでマーケティングソリューション事業のCCCマーケティングと、データマネジメント事業のトレジャーデータは、CDP(カスタマーデータプラットフォーム)領域で業務提携した、と7月28日発表した。生活者のライフスタイルを基点にしたデータサービス「CDP for LIFESTYLE Insights」を始める。

CDP for LIFESTYLE Insightsは、CCCマーケティングが保有するデータと、トレジャーデータのデータ活用技術を組み合わせた。CCCマーケティングの顧客データ基盤「Treasure Data CDP」で、Treasure Data CDP利用企業が持つ顧客データと、同社のポイントプログラム「Tポイント」会員「T会員」のデータをプライバシーを保護して連携させる。

企業は自社顧客のインサイト(深層心理)が深く理解でき、市場環境の把握、製品・サービス開発、顧客それぞれのライフスタイルに合わせたコミュニケーションなどに活用することで、顧客のエンゲージメント(愛着心)を高められる。Treasure Data CDPはトレジャーデータが提供。データの収集、統合、分析、施策実行のための各機能を備える。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]