JR中央線・南武線駅で不要な衣服を回収、再利用・資源化する「MAWASU STATION」

JR中央線コミュニティデザイン、JR東日本スタートアップとオールユアーズ、7月1日開始

JR東日本グループでJR中央線コミュニティデザイン(JRCCD)と、JR東日本スタートアップは、アパレルブランド「ALL YOURS」を運営するオールユアーズと協業し、不要な衣服を回収して再利用・資源化する「MAWASU STATION」の実証実験を7月1日から始める、と6月23日発表した。JRCCDが運営受託するJR中央線武蔵境駅、東小金井駅、西国分寺駅、JR南武線稲城長沼駅の4駅と、JRCCDの駅ビル「セレオ国分寺」で回収する。

回収期間は7月1日から9月30日。4つの駅の有人改札で10時から16時、セレオ国分寺は南口で時間は営業時間に準ずる。回収対象は不要になった衣服のうちトップスとボトムスで、1人1日5枚まで。制服類や肌着、靴下、洗濯していないものは回収できない。回収した衣服はメンテナンスや抗菌加工して、企業ユニフォームなどに再利用する。再利用が難しい衣服は有機物分解処理して、次の製品の原材料として資源化して再生利用する。

MAWASU STATIONは、SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて、着られなくなった衣服を再利用や資源化して再び必要とされるものに生まれ変わらせる循環の仕組み。不要衣服の資源化に用いる有機物分解装置「Umore」は、強い磁場を通した空気と熱で有機物を分解処理してセラミックパウダーにする。小金井市商工会青年部と三鷹商工会青年部が地域で開催するイベント活動を通して取り組みをサポートする。

不要衣服の資源化に用いる有機物分解装置「Umore」
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]