「Ameba」でD2Cブランドのマーケティング支援「コマース・マーケティング協業プログラム」開始

サイバーエージェント、ブロガーとのコラボレーション商品の開発・製造・販売サポートなど実施

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、同社が運営するブログサービス「Ameba」で、D2C(ダイレクトツーコンシューマ=直接販売)ブランドのマーケティングを総合的に支援する「コマース・マーケティング協業プログラム」の提供を始める、と6月13日発表した。月間利用者数延べ7500万人、月間ブログ投稿数550万のAmebaのサービス基盤を活用する。

プログラムでは、ブロガーとD2Cブランドのコラボレーション商品の開発・製造・販売をサポートするほか、D2Cブランドの公式ブログの開設・企画・運用といったコンサルティングや、Amebaのデータを生かしたプロモーション支援を実施する。サービス開始に合わせ、D2Cブランドとブロガーがプロデュースするサイト「Blogger Produce Brand」を公開した。

D2Cブランドのマーケティングをトータルサポート
「Blogger Produce Brand」

SNSでのプロモーションが一般化すると同時に、ネットサービスのショッピング機能強化などに伴い、D2Cショッピングが消費者に身近になっている。Amebaではブログの記事をきっかけに商品購入するケースが増え、流通額は2年で500億円を超えた。Amebaで商品の情報を発信したり、買い物をしたりするユーザー体験の広がりを受け、同プログラムの展開を決めた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]