メタバースのVR旅行で行きたい場所、1位の「世界の絶景」に続いた“名作映画のロケ地”はどこ?【Travel DX調べ】

VRゴーグル所有者は9.7%だが、20代に限ると17.1%と倍近くまで上昇。

メタリアル子会社のTravel DXは、「VR旅行」に関する調査結果を発表した。一般3,658人のほか、現実での旅行経験者1,500人(VRゴーグル保有者300人、非所有者1,200人)が回答している。

VRゴーグル所有者は9.7%だが、20代に限ると17.1%と倍近くまで上昇

まず「VR」(Virtual Reality:仮想現実)の認知を前調査で3,658人に聞くと、利用者(知っていて利用経験あり)は14.9%、認知(知っているが利用経験無し)は64.0%だった。どの世代でも「知っているが利用経験無し」が多数派だ。

あなたは「VR」を知っていますか(単数回答、n=3658)

そこで「VR用のゴーグルを所有しているか」を聞くと、認知していた2,887人に聞くと、所有者は9.7%にとどまった。一方で、20代は17.1%と平均の倍近くで2割に迫る。30代でも12.1%と平均を超えていた。一方で「VRを利用する機会は今後どのように変化するか」を聞くと、実際に利用している20代・30代では「減ると思う」のほうが優勢だった。

あなたはVR用のゴーグルを所有していますか(単数回答、n=2887)

体験してみたいVRコンテンツは「映画」「旅行」「ゲーム」で三等分

ここからは「旅行経験がある人」(VRゴーグル所有者200人と非所有者1,300人、計1,500人)にVR旅行に関する調査を実施した。

計1,500人のうちVRの体験者は311人で、内容は「ゲーム」65.0%、「旅行」「映画」28.6%が上位だった。一方1,500人全体に「体験してみたいVRコンテンツ」を聞くと、「映画」33.7%、「旅行」33.0%、「ゲーム」30.3%の順だった。

あなたが体験したことのあるVRのコンテンツ(複数回答、n=311)
あなたが体験してみたいVRのコンテンツ(複数回答、n=1500)

「VR旅行のメリット」では、「好きな時間に旅行できる」51.0%、「天候に左右されない」50.7%、「危ないところにも行ける」43.5%が上位だった。

VR旅行のメリット(複数回答、n=1500)

またVR用ゴーグルの有無で「VR旅行に行ってみたいか」、年代別で「今後VR旅行が流行ると思うか」を聞くと、ゴーグル所有者ほど「行ってみたい」が高かったが、年代別ではほぼ差は見られなかった。

あなたはVR旅行に行ってみたいと思いますか(単数回答、n=1500)
今後VR旅行が流行ると思いますか(単数回答、n=1500)

具体的な「VR旅行で行ってみたい国」については「アメリカ」576件で、以下「イタリア」532件、「フランス」452件が上位。そして「行ってみたい場所」では、「アルプス山脈などを巡る世界絶景ツアー」がトップながら、2位に「ローマの休日が味わえるツアー」、3位に「泳ぎが苦手だけど海の中を味わえるダイビングツアー」など、VRならではの場所が続いた。

VR旅行で行ってみたい国(複数回答、n=1500)
VR旅行で行ってみたい場所(場所回答、n=1500)

調査概要

  • 【調査対象】旅行をしたことのある全国の20歳~69歳の男女
  • 【調査方法】Webアンケート
  • 【調査時期】2021年1月19日~20日
  • 【有効回答数】1,500人(VRゴーグル保有者300人、非所有者1,200人)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]