ヤマト運輸がEC商品返品時の利便性を高めるEC事業者向け「デジタル返品・発送サービス」展開

ドドルの返品システムとヤマト運輸の配送ネットワークを連携、ギャップジャパンが利用を開始

ヤマト運輸は、EC商品返品時の顧客の利便性を高めるEC事業者向け「デジタル返品・発送サービス」を8月26日に始めた、と同日発表した。EC購入商品の受け取り・返品システムを展開する英国Doddle Parcel Services(ドドル)が提供する返品システムと、ヤマト運輸の配送ネットワークを連携させる。衣料品小売りのギャップジャパンが運営するオンラインショップが利用を開始した。

このサービスは、従来の電話での返品依頼や伝票作成などの返品手続きをデジタル化で簡単にするとともに、伝票なしの返送を可能にする。EC事業者は返品処理時に発生する業務が効率化できる。返品受付サイトの構築を含めてパッケージで提供。コストを抑えながら短期間で始められる。同サイト構築後、EC事業者はURLをECサイト内、納品書、返品希望者へのメールなどで案内する。

返品希望の顧客は、EC事業者に案内された返品受付サイトにアクセスし、注文番号とメールアドレス、商品受け取り日、返品理由、名前、住所などの情報を入力。発送方法を発送可能店舗への「持ち込み」か「自宅集荷」から選ぶと返品受付が完了する。持ち込みだと2次元コード付きのメールが送付され、商品をこん包して発送可能店舗で2次元コードを提示して返品する仕組みとなる。

サービスの流れ
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]