夏本番直前! 激戦区「缶入りレモンサワー」で連想されたブランド1位は?【ネオマーケティング調べ】

「エボークトセット調査」(想起集合調査)で商品・ブランド名の上位を確認。
よろしければこちらもご覧ください

ネオマーケティングは、「缶入りレモンサワー」をテーマにした“エボークトセット調査”の結果を発表した。缶入りレモンサワーを月に1回以上飲用している1,000人を対象に調査を実施している。

エボークトセットとは、「想起集合(Evoked Set)」のこと。生活者はさまざまなブランドを知らず知らずのうちに分類し、頭の中で類型化しており、「○○を買おう!」を思ったときに、実際には「すべての該当商品から」ではなく「頭の中のセット」から選んでいることが多い。「エボークトセット調査」は、個別ブランドではなく、こうしたセット=エボークトセットそのものに焦点を当てた調査となっている。

エボークトセットでは、段階に沿ってブランドが大きくわかれる。

  1. 前提 入手可能集合(すべてのブランド)
  2. 認知 知名集合(知っているブランド、○○と聞いて思い浮かぶブランド)
  3. 興味 処理集合(よく知っているブランド)
  4. 行動 想起集合(○○を買う際に選択肢に入るブランド)
  5. 推奨 推奨集合(他人に勧めるブランド)

トップ3ブランドについて、消費者の持っているイメージが明らかに

今回の調査では、「缶入りレモンサワー」カテゴリーにおけるエボークトセットでは、知名集合・推奨集合では「コカ・コーラ檸檬堂」が1位に、想起集合では「キリン氷結」が1位となった。ブランド3位としては「サントリーこだわり酒場のレモンサワー」がランクインしている。

これらのブランドをあげた理由を、ユーザーローカルのテキストマイニングツールで分析し、ワードクラウドで表すと、「檸檬堂」は、商品名にも入っている「レモン」というワードの出現率が高いとともに、「選べる」というワードが出現している。アルコール濃度の数値ではなく「カミソリレモン」「鬼レモン」といった商品名で商品バリエーションを表示していることが、「キリン氷結」との差別化につながっていると考えられる。

「キリン氷結」の想起理由(n=159)
「コカ・コーラ檸檬堂」の想起理由(n=165)
「サントリー」の想起理由(n=124)

調査概要

  • 【調査対象】缶入りレモンサワーを月に1回以上飲用している人
  • 【調査方法】ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式でエボークトセット調査を実施
  • 【調査期間】2021年5月19日~21日
  • 【有効回答数】1,000人(性年代ごとの回答割合を加味した上で回収割付。一部男性20代と女性70代を補填)
  • 【グラフの表記方法】
  • 青グラフ:それぞれのブランドにおける回答総数を表示。知名集合・想起集合・推奨集合、それぞれにおいて集計。
  • 黄グラフ:それぞれのブランドが第一想起された回答数を表示。知名集合・想起集合・推奨集合、それぞれにおいて集計。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]