サイバーエージェントがYouTubeプロモーションを支援するマーケティングサービスを提供

独自開発のダッシュボード「Promotion Insight Report」で動画実績と商品認知・購買を可視化
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、広告企業向けに独自のYouTubeマーケティングダッシュボード「Promotion Insight Report (プロモーションインサイトレポート)」を開発し、芸能人・有名人のSNS活躍を支援する同社の専門組織「おもしろ企画センター」でデータに基づいた分析からプロモーション動画の実績、商品売上の相関関係を計測するサービスの提供を始めた、と6月30日に発表した。

 

Promotion Insight Reportでプロモーションの配信データを多角的に分析し、動画の視聴回数・評価数・コメント数などの実績と、商品売上の数や金額、商品ページへの送客数などの相関関係を可視化する。具体的には①動画の実績と売上成果の相関関係の可視化・分析②自社内と同業種の他の複数プロモーション比較・相関関係の可視化・分析③データ分析に基づいたプランニングと実施前の成果予測をシミュレーション――を提供する。

おもしろ企画センターは、「YouTube」などのSNSによるプロモーション企画・運用・制作・広告販売をサポートしてきたが、動画の実績データと売上につながる成果項目をひも付け、プロモーションによる商品の認知と購買の正確な効果計測が難しかった。独自開発のダッシュボードで実績の良い動画のノウハウからベストプラクティスを見出し、データに基づいたキャスティングやコンテンツプランニング、効果計測を一気通貫で支援する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]