東急・NTTデータ・イーストが商業施設・店舗に特化したスマートフォンアプリの提供開始

顧客の購買データが分析・把握可能、自社の会員管理とマーケティングがアプリ1つで実現
よろしければこちらもご覧ください

東急、NTTデータ、商業施設運営サポート事業のイーストは、商業施設・店舗に特化したスマートフォンアプリの提供を6月に始める、と6月21日発表した。決済・販促機能を備える。東京都内の商業施設に今秋第1弾を導入し、2025年3月までに数十社を目指す。東急とNTTデータの決済・販促ソリューション「.pay(ドットペイ)」をイーストのフォーマットアプリに組み込む。

キャッシュレス決済の推進が商業施設に求められる一方、独自の同決済・販促アプリを使用するには開発時間や高額な初期コストがかかることが課題とされている。3社が提供するアプリはこうした問題を解決する。あらかじめフォーマットされた中から必要な機能を個別に選択するだけででき、独自の自社決済やポイント機能を付加したアプリが500万円から導入可能になる。

このアプリは顧客の購買データが分析・把握でき、自社の会員管理とマーケティングがアプリ1つで実現する。会員ランクに応じた優待特典の付与が可能で、商品購入時に独自ポイントを付けることでアプリ会員の商業施設内の買い回りを促す。決済では、非接触のクレジット決済、決済と連動したクーポンの利用が可能。顧客はスマートフォンだけでスムーズに買い物できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]