「Yahoo!ニュース」に「記事リアクションボタン」、ユーザーの反応を媒体各社に還元へ

ヤフー、ユーザーのフィードバックで媒体各社の良質な記事を評価・支援する仕組みを提供
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、ニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」で、媒体各社から配信された記事の内容に対してユーザーが「学びがある」「わかりやすい」「新しい視点」の3種類のボタンで評価できる「記事リアクションボタン」の提供を始めた、と6月17日に発表した。2021年度内にボタンによるユーザーのアクションを、記事配信元である媒体各社への配信料の支払いに活用し、良質な記事の支援につなげる予定。

 

「記事リアクションボタン」の位置

3種類の記事リアクションボタンは、「有意義な内容である」「要点がまとまっておりわかりやすい」「新奇性や独自性がある」というフィードバックをユーザーが記事に対して行える機能。選択肢はSNSで一般的な「いいね」と異なり、ユーザーが良質な記事に対して具体的にリアクションしやすくすることを狙っている。

記事リアクションボタンは、Yahoo!ニュースのPC版とスマートフォンブラウザー版で提供を開始し、Yahoo!ニュースアプリなどに順次拡大する。今後、ボタンの押下傾向やユーザーの反応を参考にして、媒体各社への配信料の支払いを開始して還元の仕組み強化し、AI(人工知能)による記事レコメンデーションなどにも活用していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]