「Instagram」でクリエーターの収益化サポートを強化、「バッジ機能」を拡充

物品販売「ショップ機能」の活用を容易に、アフィリエイト機能のテストも開始
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、「Instagram」でクリエーターの収益化サポートを強化する、と6月8日(米国時間)発表した。クリエーターがライブ配信を通してファンから収益を得られる「バッジ機能」を拡充するとともに、自身のブランドを持つクリエーターが物品を販売する「ショップ機能」を容易に活用できるようにする。アフィリエイト機能のテストも数カ月以内に開始する。

バッジ機能は視聴者による“投げ銭”の機能で、日本でも2020年10月にテストを始めた。今回、1回のライブ配信中にファンが複数のバッジを購入できるようにする。加えて、バッジ機能を使って所定の条件を満たしたクリエーターに一定額を支給する。支給額は、7日のうちに15分以上ライブ配信をすると100ドル、4週にわたって毎週15分以上配信すると250ドルなど。

バッジ機能のアップデート

ショップ機能については、クリエーターの個人アカウントのプロフィール画面にショップへのリンクが追加できるようになる。ショップ機能の利用にはブランドのInstagramアカウントが必要だったが、今後は自らの商品が簡単に紹介できる。拡充したバッジ機能は、同機能が利用可能な日本を含む国・地域で提供。ショップ機能は数日中に日本をはじめ世界で導入する。

クリエイターもショップ機能を利用できるように

Instagramアプリ上で決済まで完結する「チェックアウト機能」に対応する商品のショッピングタグを自身の投稿に追加できるのがアフィリエイト機能。ショッピングタグは商品名や価格を表示して商品詳細ページに遷移させられるタグ。タグ付けした商品の売り上げが投稿経由で発生すると、クリエーターにはコミッションが入る。ファンは商品の購入で支援できる。

アフィリエイト機能のテストを開始
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]