LINEの活用コンテスト「#みんなのLINEビジネス」 開催!

LINEの法人向けサービスの活用事例をnoteに書いて豪華景品をもらおう!
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、LINEの活用コンテスト「#みんなのLINEビジネス」を開催する。LINEの法人向けサービス「LINE公式アカウント」「LINE広告」「LINEミニアプリ」を活用して、実際に取り組んだ内容、感じられたこと、得られた成果などをnote上で投稿し、表彰する。応募期間は、7月末まで。

noteに投稿・応募する内容

コンテストでは、次のような投稿を募集している。企業規模・業種・地域、サービスの利用年数に関わらず、また以下に当てはまらない施策などについても歓迎している。(複数のサービスを使用している場合も可)

LINE公式アカウント(旧 LINE@)

  • 私のおすすめのLINE公式アカウント活用法
  • LINE公式アカウントやるなら絶対使ってほしい機能はこれ!
  • LINE公式アカウントを使いこなせるようになるまでの私の道のり
  • 便利だけど、意外と知られていないLINE公式アカウントの機能
  • 飲食店ならLINE使った方がいいと思う3つのポイント
  • お店の電話やメールを全部LINEに置き換えたら、○○がよかった!
  • うちはこうやって友だちを1000人まで集めました
  • お客様に喜ばれたLINE公式アカウントの使い方・エピソード
  • コロナ禍でLINE公式アカウントを使ってよかったこと

LINE広告

  • 初めてのネット広告で、LINE広告を使ってみた率直な感想
  • LINE広告って他の広告と何が違うの?解説します
  • サイトへの集客のためにとりあえずLINE広告を3か月やってみた結果
  • LINE広告を使ってみようと思った理由とその成果
  • 私が考える、LINE広告を運用する上で大事なポイント
  • LINE公式アカウントとLINE広告の両方を使うと〇〇がよかった!
  • LINE広告は高いと思ってたけど、意外と低予算でも結果が出た話
  • 私のおすすめの広告クリエイティブ制作方法や配信設計の考え方

LINEミニアプリ

  • LINEミニアプリを導入したら、新規会員数が一気に増えた話
  • LINEミニアプリで予約を受け付けたり、待ち時間を短縮した取り組み
  • LINEミニアプリってそもそも何か、利用者目線で解説してみる
  • お客様に喜ばれたLINEミニアプリの活用法

コンテストの概要

応募資格

LINEの法人向けサービス「LINE公式アカウント」「LINE広告」「 LINEミニアプリ」のいずれか一つ以上のサービスについて、利用したことがある、またはパートナーとして活用促進の経験がある方。

応募期間

  • 【応募締め切り】2021年7月30日(金)
  • 【審査結果発表】9月中旬予定

応募方法

  • 【STEP1】 noteアカウントでログインする。(アカウント登録はこちら
  • 【STEP2】 ハッシュタグに「#みんなのLINEビジネス」を設定して記事を公開投稿する。
  • 【STEP3】 エントリーフォームより記事URLを明記。(エントリーフォームはこちら

審査方法

応募されたnoteを拝見し、総合的に判断する。
特に以下のような内容に該当する記事を高く評価する。

  • 他のユーザーの課題やニーズに対して有益と思われる内容
  • 独自の視点で考えられた内容
  • 多くの人が参考にしたり取り入れたりしやすい汎用性のある内容
  • 誰かに思わずシェアをしたくなるようなエピソード
  • ユーザーから実際に支持されている内容(noteのスキ数で評価)

表彰内容

コミュニケーション部門とプロモーション部門の2部門で優秀作品を選出し、表彰する。

  • 【コミュニケーション部門】主にLINE公式アカウントやLINEミニアプリを活用して、顧客とのコミュニケーションをより良いものにできた事例やそのノウハウ、エピソードについて表彰する。
  • 【プロモーション部門】主にLINE公式アカウントやLINE広告を活用して、商品・サービスの認知や顧客獲得を実践された事例やそのノウハウ、エピソードについて表彰する。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]