エンファクトリーが花王グループに従業員がベンチャーで働く越境型研修「複業留学」を提供

KCMKがリーダー候補人財の育成を目的に導入、30歳代の4人が3カ月間にわたって月10~30時間
よろしければこちらもご覧ください

オンラインショッピング事業や人材・組織開発支援サービス事業などを行うエンファクトリーは、企業の従業員がベンチャー企業で働く越境型研修「複業留学」の提供を花王グループで花王製品の販売を手掛ける花王グループカスタマーマーケティング(KCMK)に始めた、と6月7日発表した。KCMKは、リーダー候補人財の育成を目的に導入。30歳代の4人が6月1日から複業留学している。

複業留学は、複業としてベンチャー企業で働くことで越境活動を促すサービス。気付きや学びをオンラインプラットフォームで組織と共有する。KCMKの複業留学は、リーダー候補人財の経験を広げ、自律性を高めることを目的にする。ベンチャー企業の課題解決について企画から提案、実行まで主体的に行い、普段の業務と複業留学を行き来することで、自社・自己理解が促進される。

複業留学を開始したKCMKの4人は、それぞれのベンチャー企業で3カ月にわたって月10~30時間、業務を進める。4人はこれまでの経験やスキルを生かし、自社と他社の違いに気付いたり学んだりしながら、自律して主体的に業務を行うことになる。オンラインプラットフォームは「Teamlancerエンタープライズ」と呼び、気付きや学びを言語化することで内省を促し、研修効果を高める。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]