Facebookの投稿と「ノート」が「Googleドキュメント」「WordPress.com」に転送可能に

機能名は「自分の情報を転送する」、パスワードの再入力と暗号化で安全な転送環境確立
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、「Facebook」から転送できるデータにFacebookの投稿と「ノート」を加えた、と4月19日(米国時間)発表した。ユーザーは投稿とノートを「Googleドキュメント」「WordPress.com」「Blogger」の各サービスに直接転送可能になった。写真と動画はこれまでも「Googleフォト」「Dropbox」「Backblaze」「Koofr」に転送できたが、機能の利用範囲を広げた。

転送イメージ

機能名を「自分の情報を転送する」とした。転送を始める前にパスワードの再入力を求め、移行データを全て暗号化することで安全なデータ転送環境を確立したという。Facebookの「設定」の「あなたのFacebook情報」から「自分の情報を転送する」をクリックすると利用が可能。画面の指示に従っていくつかの手順を経ると、選択したデータが対応サービスに転送できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]