LINEが「LINEギフト」で広告主提供の商品を贈る新広告メニュー「サンクスギフト」を開始

季節イベントや日々の「ありがとう」などの気持ちに寄り添う「使われる広告」で商品認知
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」でプレゼントを「友だち」に贈るサービス「LINEギフト」を使った新たな広告メニューの「サンクスギフト」を始めた、と10月16日に発表した。LINEのトークで広告主提供のスポンサードギフトを無料で贈ることができる「使われる広告」で、ユーザー起点の商品認知やブランド体験を提供できる。


「サンクスギフト」サービスイメージ

 

サンクスギフトは、クリスマスなどの季節イベントや誕生日などライフイベント、「ありがとう」「お疲れさま」など日常的な気持ちに寄り添うコミュニケーション広告。ちょっとしたお礼などユーザーの気持ちに寄り添ってスポンサードギフトが使われ、贈られた側は商品の親近感が増す。広告でも忌避されずブランドリフトにつながる。

「LINEリサーチ」のブランドリフト調査も提供する。LINEギフトは手軽なコンビニエンスストアのコーヒーから本格的なものまであり、コロナ禍で直接会えなくても贈れるので流通額は前年比3倍以上に増えた。スポンサードギフトはLINEギフトの専用キャンペーンページに掲出され、LINEギフトの公式アカウントやトップページバナーから遷移できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]