新型コロナを経て消費者の関心に変化、「フライパン」「ソロキャンプ」「ライブ配信」などの検索が大幅増【Google調べ】

1人時間の過ごし方、楽しみの共有の仕方、身のまわりの整え方など、コロナ禍を“前向きな変化のきっかけ”に。
よろしければこちらもご覧ください

Google(グーグル)は、新型コロナウイルスに関連して、消費者の関心がどう変化したか、分析した結果を発表した。同社の「Googleトレンド」により、2018年・2019年・2020年の検索動向について比較分析しており、以下のグラフでは、黄色:2018年、赤色:2019年、青色:2020年で検索動向が示されている。

“おうちご飯の追求”で、調理器具や食器に関連した検索が増加

新型コロナウィルス感染症の影響により、消費者の生活は大きく変化した。一方で、そうした変化を“新しい生活”として前向きに捉えようという考えもある。外出や接触を自粛しつつ、家庭や消費に快適さや楽しみを求める方向性だ。

たとえば、調理器具である「フライパン」「ハンドブレンダー(多機能かき混ぜ器)」の検索が、2018年・2019年より今年は多く、自粛期間にあたる4~6月に大きな山が現れた。

検索動向「フライパン」「ハンドブレンダー」

「皿」「カトラリー(ナイフやフォーク)」、あるいは「お菓子 レシピ」「ケーキ型」の検索も例年より多い。食卓を彩る「皿」「カトラリー」は大きな山はないが、徐々に滲透している様子がうかがえる。

検索動向「皿」「カトラリー」
検索動向「お菓子 レシピ」「ケーキ型」

コロナ禍においても、おうちご飯のバリエーションを増やそうという、前向きな意欲が感じられる。

“1人時間の充実”が今後のテーマ? 新しい楽しみ方の再発見も

外出自粛も推奨されているが、三密を避けた“お1人様活動”であれば、大きな問題は無いだろう。アニメ作品、芸人ヒロシ氏や女性YouTubeクリエイターによって近年注目されている「ソロキャンプ」は、2020年はずっと右肩上がりで検索が増えている。

検索動向「ソロキャンプ」

一方、自宅時間の充実という点では、前述の「食」に加え「空間」や「睡眠」を快適にしようという意識からか、「ディフューザー」「枕」の検索が、高まりを見せている。ディフューザーは、加湿が主目的であることが多く、梅雨時や夏場の検索は例年だと下がっていたが、今年はずっと高い数字を維持している。

検索動向「ディフューザー」「枕」

またエンタテイメントの楽しみ方でも、外で人と集まれないぶん、違う形の楽しみ方が摸索されているようだ。たとえば、「ドライブインシアター」「ライブ配信」「ゲーム配信」といった単語の検索が、今年は明らかに急増している。実際コロナ禍を受けて、ドライブインシアターが各地に設営され、再評価されているという。「ライブ配信」「ゲーム配信」も、これまで利用していなかった層が大量に流入し、ネットを通じて“つながりと共有”を満たす新インフラとして認識されつつある。サービス提供側は、自身が扱う領域において、どういう変化が起きているか確認するのがよいだろう。

検索動向「ドライブインシアター」
検索動向「ライブ配信」「ゲーム配信」

調査概要

  • 【調査内容】「Googleトレンド」において確認できたデータソースをもとに分析。
  • 【調査時期】2020年9月29日
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]