Acquiaが「Drupal Steward Program」のメンバーとして「Drupal」のセキュリティを強化

重要なセキュリティのぜい弱性を事前に遮断、サイトやアプリケーションでの悪用を防止
よろしければこちらもご覧ください

オープンソース技術によるデジタル体験プラットフォームを展開する米国Acquia(アクイア)は、オープンソースのウェブコンテンツ管理システム(CMS)「Drupal」の推進団体、Drupal Associationと、Drupalのセキュリティチームが導入した新プログラム「Drupal Steward Program」の創設メンバーになった、と7月9日発表した。

Drupalは多くのウェブサイトで利用されている企業向けCMSで、アクイアはDrupal Steward Programの一員としてDrupalのセキュリティ強化を推進。特定された重要なセキュリティのぜい弱性を事前に遮断してサイトやアプリケーションでの悪用を防ぎ、更新が適用されるまでの間、ぜい弱性にさらされる危険性を最小限に抑える。

これによってセキュリティパッチの緊急手動インストールに伴う負担を軽減。都合のいい時間に更新スケジュールが組めるようになる。アクイアはDrupalのぜい弱性のセキュリティを前もって提供し、手動でのミスを排除する。アクイアはDrupalの創始者が創業。Drupalを中核にするデジタル体験プラットフォームを展開している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]