Googleが「Chrome」PC版でプライバシーとセキュリティ保護機能を強化、設定も便利に

設定画面デザインを一新してCookie管理が簡単に、安全管理に役立つ新ツールの提供開始

Googleは、ウェブブラウザ「Chrome(クローム)」のパソコン(PC)版で、ウェブ上の安全管理に役立つ新ツールの提供を開始する、と5月20日に発表した。プライバシーとセキュリティの設定画面のデザインを一新して、個々のニーズに合った設定を直感的な操作で選択できるようにする。

ウェブサイトを訪れたユーザー情報をPCに保存するCookie(クッキー)については、その管理を簡単にした。アクセス先のサイトでCookieの使用を許可するかしないかを簡単に選べる。サードパーティのCookieをブロックしたり、一部のサイトか全サイトで一切のCookieをブロックしたりする設定もできる。

設定画面のデザイン変更では、ウェブサイトに許可する権限のうち位置情報やカメラ、マイクへのアクセス、通知といったプライバシーに関わる権限を「サイトの設定」で見つけやすくした。「閲覧履歴データの削除」の項目は「プライバシーとセキュリティ」の設定の一番上に移動し、定期的に閲覧履歴を削除したいというニーズに応えた。

このほか「安全確認」の設定画面にある新しいツールで、Chrome使用での安全性を確認できる。Chromeに保存したパスワードの不正使用を検出すると知らせて、その対処方法も確認できる。不正な拡張機能がインストールされている場合は削除方法を表示する。これらの新機能や新しい設定画面は数週間以内に有効になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]